身長が低いと有利なスポーツってある?チビを活かせる3つの種目!

身長が低いことでスポーツでは不利になることが多いですよね。

でも、身長が低いことで有利になるスポーツってあるのでしょうか?

もちろん、スポーツや運動が好きな子供の身長を伸ばせるに越したことはないと思うのですが、身長が低くても様々な大会に出場し活躍している男子も女子もたくさんいます。

とはいってもリンボーダンスやフラフープくぐりなどマイナーなスポーツではなく、選手IDなども整備された全国大会や国際大会まであるメジャーなスポーツがいいです。

また、国内だけで見れば背が高くても、世界レベルで見れば日本人はまだまだ身長が低い人が多いと見られていますよね。

そこで、この記事では身長が低くても活躍しやすいメジャーなスポーツにはどんな種目があるのか調査してみました。

身長が低くても活躍できるスポーツってあるのかしら?

身長が低くて有利なスポーツはない?

オリンピック種目や国際大会などがあるメジャーなスポーツを挙げてみると…

スポーツ
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • 野球
  • テニス
  • ゴルフ
  • バドミントン
  • サッカー
  • ラグビー
  • 陸上
  • 体操
  • 柔道
  • 剣道

などなどいくつも挙げられると思います。

ほとんど全てのスポーツで身長が高いことは有利に働くと考えられていますが、この中で身長が低くても活躍できるスポーツはあるのでしょうか?

身長が低くても活躍しやすいスポーツを挙げるとすれば、この中から3つ挙げることが出来ます。

それは体操と剣道とサッカーです。

身長を気にしなくてもいいスポーツがあるのね!

身長が低くても活躍しやすい3つのスポーツ

①体操では身体を回転させやすい

まず、割と分かりやすく挙げられるのは体操ではないでしょうか。

かつては日本のお家芸と呼ばれるほど、オリンピックや国際大会でも金メダルを獲っていた種目です。

現在でも内村航平選手など日本人で世界トップレベルの選手が多い種目です。

体操選手のイメージとしてもスラっとした長身の選手というよりも、小柄でギュッと筋肉が詰まっている選手をイメージできますよね。

体操の競技特性としては、床で跳んだり回転したり、空中でも腕だけでカラダを支えながら回転する吊り輪などありあすよね。

そうです、この体操競技の特徴である身体を「回転させる」ということを考えた場合、カラダが長くて大きいよりも小さくて短い方が回しやすいということがあるのです。

これは身近なもので考えても分かりやすいですよね。

例えば長くて重い棒を回すより、短くて軽い棒の方が圧倒的に回しやすいですよね。

このことから、体操は身長が低いことが有利に働くスポーツと言えると思います。

もちろん、向き不向きということもありますが身長が低い子供でも運動が好きで何か競技スポーツをやらせたいと思った時に「体操」は自分の特徴を生かしやすいスポーツと言えるでしょう。

確かに体操選手って小柄でガッチリした人が多いイメージね!

②剣道では打ちやすく打たれにくい

剣道も身長が低くても活躍しやすいスポーツの1つと言えるでしょう。

意外に思った人も多いかもしれませんが実際、剣道の大会で身長の高い人で優勝する人はあまりいません。

なぜならば、身長が大きい人はそれだけ打たれる部位も大きいということがあります。

身長が大きくリーチが長くて、相手の届かないところから打ってい行っても最後は至近距離まで寄ります。

そこで、小回りが利き、より振りの早い小柄な選手の「小手」が決まりやすいのです。

そのため、剣道は身長が低くても活躍しやすいスポーツの1つと言えるでしょう。

剣道ではてっきり背が大きい選手の方が強そうだけど、身長が低い方が有利って意外だったわ!

③様々なタイプの選手が求められるサッカー

サッカーも身長に関わらず活躍しやすいスポーツの1つと言えます。

前回のサッカーワールドカップでも世界的には身長の低いとされる日本でも世界の強豪相手に負けないプレーをしていましたよね。

また競技特性としても持久力や俊敏性、技術など様々な要素から成り立っているスポーツなので、求められる選手の能力も様々です。

ドリブルが得意な選手、パスが得意な選手、シュートを決められる選手、またボールを奪うのが得意な選手などです。

身長はあまり高くない長友佑都選手の世界での活躍もありましたよね。

とはいってもポジションによって、ディフェンダーの選手やゴールキーパーなどは高い身長が求められるポジションもあります。

ただ、他のポジションでは抜群のスピードがあったり、精度の高い技術を備えていることで、身長差を気にせず活躍できる選手もいます。

そして、何より世界的にも競技人口は多いですし、日本の子供でも大人気のスポーツですよね。

友達と一緒に始めたり、新しい友達作りにもいいかもしれません。

つまり、サッカーは様々なタイプの選手が活躍できる幅広いスポーツなので身長が低くても活躍しやすいメジャーなスポーツと言えるでしょう。

とにかくサッカーは大人気のスポーツよね!どこにいっても子ども達がボールを蹴っている光景を見るわ!

サッカーをすると背が伸びないって噂は本当?中高生の身長伸ばす方法

2018.09.17

身長が低くても活躍しやすいスポーツまとめ

スポーツの中には身長に関わらず活躍できるサッカーのようなスポーツもあります。

また、逆に身長が低いことで活躍しやすい体操や剣道のようなスポーツ・武道もあります。

子供の身長が低いからとスポーツをあきらめる必要はありません!

しかし、身長が高いことで有利になるスポーツが多いこともまた事実です。

様々なスポーツの選択肢がある中で子供の身長を伸ばせるのならば伸ばすに越したことはないですよね。

成長期の小学生から中学・高校生の子供ならまだ身長をあきらめる必要はありません。

特に男性なら14歳から、女性なら12歳頃からの成長期のラストスパートと呼ばれる思春期では1年間で10㎝近く背を伸ばす例も多くあります。

成長期の子供の身長を伸ばす方法についての記事はこの下から紹介しています。

子供の背を伸ばせる成長期は時間が限られているからね!

プラステンアップ口コミと効果を徹底レビュー

身長が低いことに悩んでいる子供に「何か出来ることはないか」と背を伸ばす方法を探していた時に出会った成長応援サプリのプラステンアップ。実際にプラステンアップを使い始めた経緯や使用した口コミや効果を詳しくまとめています!

あなたにもこんな悩みがあるとしたら、是非読んでみてくださいね。

背が低い悩み

・周りの友達に成長期が来ているのに焦る…

・15歳になったけど、もしこのままだったらどうしよう…

・写真撮影の時、自分の子供だけ段ができている…

・ダンスをしていて手足を長くしたい!でも太りたくはない…

・身長を伸ばしてスポーツで活躍したい!部活でもレギュラーを取りたい!

・これまでも成長応援サプリを試したけど、イマイチ効果を感じられなかった…

・高校生になっても背を伸ばしたい!

下記のボタンから、実際にプラステンアップを試して見た口コミと効果を見ることが出来ます♪