【驚愕】成長期の中学生男子の身長の伸び率!1年で10㎝以上伸びる子の秘密

子供の低身長で悩む親や子ども自身が低身長をコンプレックスに感じているケースは多いです。

実際、私の場合は子供が小学生の頃は背が低くてもあまり気にしていませんでした。

中学生や高校生の成長期が来れば自然と身長は伸びるだろうと期待していたからです。

そのうち伸びるだろうなんて思っていたのだけど…

私は女子ですが中学2年生頃から身長がグーンと伸び始めたので、子供達もこの辺りから身長は伸びるだろうと思っていました。

しかし、中学2年生くらいになってもそれなりに子供の身長は伸びてはいるものの、周りの子たちと比べると頭1つ違うくらい身長が低いままでした。

そして、その身長差が変わらないまま中学3年生を迎えました。

遺伝的にも親もそこまで背は低くないのでこのまま伸びなかったらどうしようと当時は非常に悩んでいました。

このまま何もしないわけにはいかない!と思ったの!

もちろん個人差があるので全て自分の子供に当てはまるとは思いませんが、これまであまり身長が伸びていなければ今後グンッと伸びる時期が来るのではないかと期待する気持ちと、このまま伸びないのではないかという不安な気持ちの両方を持っていました。

そんな中学生男子身長伸び率ってどれくらいなのか気になる人へ、この記事では中学生男子の身長の伸び率や身長の伸び率を予測する方法、そして実際に私の息子が身長を伸ばした方法まで紹介していきたいと思います。

実際に中学生男子の私の子供が身長を伸ばせた方法も紹介するわ!

中学生男子の身長の伸び率は平均16㎝

H.27年度 文部科学省 学校保健統計調査より

中学生男子身長伸び率平均
  • 12歳~13歳 7.2cm
  • 13歳~14歳 5.3cm
  • 14歳~15歳 3.2cm

中学生男子の平均身長伸び率は3年間で16㎝です。

特に中学1年生から2年生の時期にかけての伸び率が高く、3年生になるにしたがって伸び率は緩やかになっていますね。

それでは、中学1・2年生の時期に身長が伸びなければその後、身長はあまり伸びないということなのでしょうか?

実はここに身長が伸びる子の秘密があります。

身長が伸びる子にはどんな秘密があるのかしら?

「おくて」な子供ほど最終的には身長が高くなりやすい傾向がある

早熟傾向の子供の身長変化

小学生の頃から身長が高く早熟傾向の子供では特に小学校高学年から一気に身長が伸び、声変わりなど大人への変化も早く現れます。

この時期の早熟傾向の子供では学校やクラブで運動やスポーツをすれば体格だけで相手を圧倒出来るほど大きな差が現れやすいです。

しかし、第二次性徴に伴い思春期が早く訪れる早熟傾向の子供ではその後、中学生になってもあまり身長は大きく伸びないことが多いです。

もしかしたら平均の身長伸び率を下回る場合も出てきます。

中学2年生くらいにもなれば、いつの間にか周りの子に身長を追い抜かれたということはよくありますよね。

小学生から背が高くても早熟傾向ではない子どももいるわ!そういった子どもは中学生になってもさらに身長が伸びていくわよ!

「おくて」の子が身長を伸ばせる秘密

そして、ここからさらに伸びてくるのが「おくて」の子です。

確かに、平均値で見れば中学1・2年生の時期の成長率が最も大きくなっているのですが、最終的な身長が高くなる「おくて」の子供はこの急激な成長期が来るタイミングが遅くなる傾向があります。

おくての子の特徴としては第二次性徴の特徴である声変わりなどが遅く子供時代の時間が長くなります。

子供時代の時間が長くなるとその分、身長が伸びる時間も長くなるので最終的には身長が大きくなるということです。

なので、中学生になり身長が伸びずに悩んでいたとしても、子供に第二次性徴の変化が大きく見られないようであれば今後一気に身長が伸びる可能性が期待できるということです。

子供時代が長いとそれだけ身長を伸ばせる期間も長いということなのね!

子供の身長の伸び率計算方法

ここで、子供の身長の伸び率を計算できる方法を紹介します。

子供の身長伸び率計算方法
  • 男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
  • 女子= (両親の身長の合計−13)/2+2

この数値はあくまでも予測で誤差もあります。

遺伝的傾向から身長を予測する際に用いられている計算式です。

実はここがポイントです。

この数値はあくまでも「遺伝」的傾向から身長を予測することなので、後天的な環境によってはこの数値を上げていくことが期待できるということです。

身長における遺伝の影響はどれくらいなのでしょうか?

やっぱり身長に対する遺伝の影響って大きいのかしら?

遺伝の影響は2割~3割

身長は遺伝だからしょうがない」と思っている人は意外と多いのですが、実は身長における遺伝の影響は3割程度しかないということが言われています。

なぜなら、1950年から2010年までのこの60年間で男子の身長は平均で18㎝も伸びているのです。

子供の身長を伸ばす要素には運動・栄養・睡眠の3大要素が挙げられますが、この3大要素の中で60年前と比べて良くなっているのが「栄養」なのです。

街の都市化や習い事により運動や睡眠に関しては、むしろ60年前より十分ではない場合が増えています。

身長が遺伝で決まるというのであれば、60年間でこれほどの身長の伸び率はなかったでしょう。

身長と遺伝と母親の関係についてはこちらの記事でまとめているわ!

身長の遺伝率は3割⁉父・母親から遺伝する割合が8割というのは嘘⁉

2018.11.14

中学生男子の身長の伸び率をプラス10㎝伸ばす!

身長を伸ばすためには、運動・栄養・睡眠の生活習慣を整えることは大切です。

その上で、父親や母親からの遺伝から予測される身長を超えていくためには何より「栄養」が重要になってきます。

毎日の食事で成長期の中学・高校生に必要な栄養素をバランスよく且つ十分な量を摂取することで、身長の伸び率を高めることが期待できます。

しかし、食事だけで成長期に必要な栄養を十分に補給することは大変です。

子供のために毎日の食事を頑張ろうと思うけど、難しい時も出てきてしまうもの!

そこで、成長期の子供を持つ親や身長を伸ばしたい中学・高校生に人気な方法が成長サプリのプラステンアップです。

プラステンアップは成長期の中学・高校生の栄養に特化した成長サプリです。

成長期に不足しがちな栄養素を1日たったコップ一杯飲むだけで補うことが期待できます。

中学生男子で身長の伸び率をあきらめる必要はありません

これまで何を試しても身長を伸ばせなかった人にこそ、プラステンアップを試して見ることをおすすめします。

実際に試して見た口コミもあるから見てみてね!

プラステンアップ口コミと効果を徹底レビュー

身長が低いことに悩んでいる子供に「何か出来ることはないか」と背を伸ばす方法を探していた時に出会った成長応援サプリのプラステンアップ。実際にプラステンアップを使い始めた経緯や使用した口コミや効果を詳しくまとめています!

あなたにもこんな悩みがあるとしたら、是非読んでみてくださいね。

背が低い悩み

・周りの友達に成長期が来ているのに焦る…

・15歳になったけど、もしこのままだったらどうしよう…

・写真撮影の時、自分の子供だけ段ができている…

・ダンスをしていて手足を長くしたい!でも太りたくはない…

・身長を伸ばしてスポーツで活躍したい!部活でもレギュラーを取りたい!

・これまでも成長応援サプリを試したけど、イマイチ効果を感じられなかった…

・高校生になっても背を伸ばしたい!

下記のボタンから、実際にプラステンアップを試して見た口コミと効果を見ることが出来ます♪