カフェイン摂取で子供の身長が伸びなくなる⁉コーヒーを飲む2つの悪影響

子どもがカフェイン入りのコーヒーを飲むと身長の成長に影響が出るという噂を聞きます。

うちの子供も小さい頃良くコーヒーを飲みたがっていました。

コーヒーといってもミルクや砂糖が入った子供用のコーヒーなのですが、それでもカフェインが入っているので出来るだけコーヒーは飲ませないようにしていました。

カフェインを摂ると子供の身長が伸びなくなるということを心配していたということよりも、なんとなくカフェインに対していいイメージがなかったからです。

実際、妊婦の頃もカフェインを控えるように言われていたのでカフェインレスのお茶やコーヒーを飲んでいたからかもしれません。

とはいっても、なんとなく持っているカフェインのイメージですが、カフェインを摂ると本当に子供の身長に影響はあるのでしょうか

そこで、この記事ではカフェイン子供身長にどのような影響を与えるのか詳しく情報をまとめていきたいと思います。

あまり子供に飲ませないようにしてたけど、実際はどうなんだろう?

意外と多いカフェイン入りの飲料

カフェインと言えばコーヒーというくらいコーヒーにカフェインが入っていることは良く知られていますよね。

しかし、カフェイン入りの飲料はコーヒー以外にも身近な飲料に多く、実は気づかないうちにカフェインを摂取しているということは意外と多いです。

身近にある飲料でカフェイン入りの飲料にはどんなものがあるのでしょうか。

カフェイン入りの飲料
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • ココア
  • コーラ
  • 栄養ドリンク

また、飲料ではないですがチョコレートにもカフェインは含まれているので、おやつで紅茶とチョコレートを食べたという場合にはカフェインを摂っていることになります。

タンニンがカフェインの吸収を抑える

カフェインを含む飲料の中でも紅茶や緑茶、ウーロン茶に関しては、カフェインは確かに含まれていますが同時にタンニンと呼ばれる渋み成分が含まれています。

実はこのタンニンにはカフェインの吸収を抑える効果があるので、紅茶やお茶を飲んだからと言ってカフェインの効果が急激に現れるということはありません。

子どもによく紅茶やお茶を飲ませていたという人でも安心してください。

お茶を飲ませている人は多いわよね。

お茶のカフェインは気にしなくてもいいなら安心ね。

清涼飲料水に含まれるカフェイン

むしろ、カフェインを含む飲料で問題になるのはコーラなどの炭酸清涼飲料水や栄養ドリンク、エナジードリンクです。

清涼飲料水は甘くておいしいので、ついつい飲み過ぎてしまう場合も多いですよね。

子どもが成長してきて自分でジュースなどを買えるようになると、親の知らないところで飲んでいることも考えられます。

たまに飲む分には影響は大きくないかもしれませんが、毎日の習慣になっていたら困ってしまいますよね。

そんな身近にたくさんあり知らず知らずのうちに摂取しているかもしれないカフェインですが、カフェインの効果にはいったいどのような働きがあるのでしょうか。

特に夏場は良く飲んでる子も多いからちょっと心配になるわ。

カフェインに身長の成長を止める効果はない

結論から言うと、カフェイン自体に身長の成長を止める効果はありません。

なので、カフェインを摂取したからと言って直接的に身長が止まることはありません。

それではなぜカフェインを摂取すると子供の身長が伸びなくなるということが言われるようになったのでしょうか。

カフェインのデメリットとメリットをそれぞれ見てみたいと思います。

カフェインにはどのような働きがあるのか理解していきましょう。

カフェイン摂取3つのデメリット

カフェインのデメリット
  • 妊婦では胎児への低体重の影響
  • カルシウムの排出量が増える
  • 興奮作用により夜眠れなくなる

まず、妊婦の時になぜカフェインの摂取が制限されていたかというと、カフェインの過剰摂取により胎児の成長に悪影響が出る恐れがあるためです。

なぜ胎児の成長に影響が出るかというと、カフェインにはカルシウムや鉄分といったミネラル成分と結合し排尿とともに体外へ排出されてしまうからです。

そのため、カフェインを摂り過ぎると慢性的なカルシウム不足や貧血を起こしやすくなってしまいます。

妊婦は胎児を育てるためにたくさんの栄養が必要です。

そこで、栄養素が排出されてしまう事が考えられるカフェイン摂取が制限されているのですね。

WHO世界保健機関の発表では妊婦のコーヒー摂取量は多くても「3~4杯までにするべき」とあります。

妊婦の時の食事指導でカフェインについても言われたわね。

カフェインを取るとカルシウムの排出量が増える

カフェインには利尿作用があり、体内のミネラルなどを体外に排出する働きがあります。

妊婦だけでなく子供もカフェインを摂り過ぎることにより骨の成長に欠かせないカルシウムの排出量が増え身長の成長に悪影響が出ることが考えられます。

コーヒー1杯飲むと、排出されるカルシウムは3㎎と言われています。

また、カルシウムだけでなく他の栄養素や鉄分なども排出されやすいので、カフェインの摂り過ぎは控えましょう。

コーヒーを飲んだ後ってトレイも近くなるし、ミネラルと一緒に排出されやすくなってしまうのね。

カフェインの興奮作用で夜眠れなくなる

子供の身長の成長に最も影響を与えるカフェインのデメリットは睡眠への影響です。

カフェインには興奮作用があるので、カフェインを摂り過ぎると夜眠れなくなることが多いです。

「寝る子は育つ」とよく言われるように睡眠中には身長の成長に欠かせない成長ホルモンが1日の中で最も多く分泌されます。

そのため、カフェインの摂り過ぎで睡眠が妨げられると、カラダ本来が持っている身長を伸ばす働きを抑えてしまうことが考えられます。

特にカラダの成長しきっていない子どもでは影響が大人よりも出やすいので、カフェインの摂取量には注意が必要ですね。

子供の睡眠時間をしっかり摂るためにもカフェイン摂取は気を付けないとね!

カフェイン摂取の3つのメリット

カフェインを多く含むコーヒーを好む人は多いですよね。

カフェインにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

カフェインの3つのメリット
  • 記憶力の向上が期待できる
  • 脂肪燃焼効果が期待できる
  • 眠気が覚める

カフェインには精神を落ち着かせるアデノシンという物質に似ており、本来アデノシンが受容される器官にカフェインが入ることでアデノシンの働きを阻害します。

その結果、興奮作用が現れるということです。

そのため、仕事や勉強で集中力を高めたいときにコーヒーを飲んでカフェインを摂ると生産性や記憶力が高まる効果が期待できるということですね。

朝の目覚めにも1杯のコーヒーを飲みたくなるのはこのことも影響しているのかしら。

脂肪燃焼効果が期待できる

カフェインには脂肪の燃焼を高める効果があることがわかっています。

そのため、運動前にコーヒーを飲むことで運動中の脂肪燃焼を助けたり、運動持続時間を増やす効果が期待できます。

興奮作用と相まって競技力の向上にも期待できそうですね。

そのため、過剰なカフェインの摂取はドーピング規定にも入っています。

良い効果が期待できても適度な量が大切ね。

眠気が覚める効果

眠気が覚める効果はカフェインのデメリットで夜眠れなくなるということの裏返しでもあります。

大人では朝の目覚めの一杯や仕事でもうひと頑張りしたいとき、運転中の眠気防止などにコーヒーを飲む人も多いですよね。

ただ子供の場合、テスト前にコーヒーを飲みながら一夜漬けでテスト勉強をに向かう学生も多いですが、学力の面でも身長の面でも計画的に学習できる生活習慣を身につけることが必要ですね。

大人にはメリットになることも必ずしも子どもにとってメリットになるということではないのね。

子供のカフェイン摂取量の目安

では子どもが具体的にどれくらいのカフェインを摂取するとカラダへの悪影響が出てくるのでしょうか。

まず日本国内では子供のカフェイン摂取量に関して制限は設けていません。

しかし、国外では子供のカフェイン摂取量の制限を推奨している例もあります。

例えばカナダでは、

子供の1日当たりのカフェイン摂取量の制限
  • 4歳~6歳   45㎎
  • 7歳~9歳   62.5㎎
  • 10歳~12歳       85㎎

となっています。

また、各食品のカフェイン含有量はこちらです。

カフェイン含有量
  • ドリップコーヒー1杯200ml  115㎎~175mg
  • ペプシ1缶355ml        69mg
  • レッドブル1缶250ml                  80mg
  • ミルクチョコレート43g             31mg

つまり、これらの数値を合わせると子供ではコーヒー1杯飲むだけでも1日の推奨カフェイン摂取量の制限を超えてしまっているので、子供にとってコーヒー1杯は多すぎるということです。

また、エナジードリンク1缶も同様に子どもには刺激が強すぎるようです。

ペプシやコーラもカナダの基準では制限量には達していないものの、体格が相対的に小柄な日本人では制限数値はカナダの基準より下がってくることが考えられるため、日常的に子どもが飲むのは控えたいですね。

やっぱり子供にとってコーヒーはあまり良くないといえそうね。

カフェイン摂取で子供の身長が伸びない原因は栄養と睡眠に影響が出るため

カフェインが入っているコーヒーを飲むと子供の身長が伸びないという原因は、カルシウムや鉄分などのミネラルが排出されやすくなることや睡眠に影響がでることでした。

睡眠時には子どもの身長の成長に欠かせない成長ホルモンが最も多く分泌されます。

また、カルシウムは骨の成長に欠かせない重要なミネラル成分です。

睡眠不足で成長ホルモン分泌が阻害され、また、身長の成長に欠かせない栄養素が排出されやすくなってしまうことで子供の身長が伸びることへ影響してくることが考えられます。

子供の推奨カフェイン摂取の制限量からは子供にとってコーヒー1杯は多すぎるということでした。

意外とカフェインはコーヒーだけでなく身近な飲料や食品に含まれているので、子供の身長を伸ばしたい過程ではカフェインの摂取量に気を付ける必要がありそうですね。

子供がコーヒーを飲む場合、お砂糖もたくさん入れるから身長だけでなく肥満対策としてもあまりおすすめできないわね。

子供の身長の成長に栄養と睡眠をサポートする方法

カフェインで子どもの身長の成長に必要な栄養や睡眠が阻害されることがわかりました。

それでは子供の身長を伸ばすためにはどうすればいいのでしょうか?

子供の身長を伸ばすために栄養や睡眠をしっかりとれるように開発されている身長サプリがあります。

身長サプリの中でも特におすすめなプラステンアップでは成長期に必要な栄養バランスや量を補給できます。

また栄養サポートだけでなく、睡眠をサポートするクワンソウと呼ばれる成分が配合され、子供の身長の成長を総合的にサポートすることが期待できます。

実際にプラステンアップを試して見た口コミや効果もこのサイトで紹介しているのでチェックしてみてくださいね!

この記事のさらに下の方へ行くと口コミや効果のページへ行けるリンクがあるよ!

プラステンアップ口コミと効果を徹底レビュー

身長が低いことに悩んでいる子供に「何か出来ることはないか」と背を伸ばす方法を探していた時に出会った成長応援サプリのプラステンアップ。実際にプラステンアップを使い始めた経緯や使用した口コミや効果を詳しくまとめています!

あなたにもこんな悩みがあるとしたら、是非読んでみてくださいね。

背が低い悩み

・周りの友達に成長期が来ているのに焦る…

・15歳になったけど、もしこのままだったらどうしよう…

・写真撮影の時、自分の子供だけ段ができている…

・ダンスをしていて手足を長くしたい!でも太りたくはない…

・身長を伸ばしてスポーツで活躍したい!部活でもレギュラーを取りたい!

・これまでも成長応援サプリを試したけど、イマイチ効果を感じられなかった…

・高校生になっても背を伸ばしたい!

下記のボタンから、実際にプラステンアップを試して見た口コミと効果を見ることが出来ます♪